Roeckl Handschuhe & Accessoires (Gloves & Accessories):ロエクル

ドイツ:グローブ、スカーフ

ROECKLは、1839年にJakob Roecklがドイツ・ミュンヘンをベースに、現在創業約180年になる6代目のファミリーカンパニーです。
ROECKLはレザーグラブ(手袋)、シルクのプリントスカーフを始めバッグ、ハットなどトータルの製品があり、ドイツ国内のROECKL直営店舗、主要百貨店などで展開しています。グラブとシルクスカーフは年齢、性別に関係なく社交的にとても上品で気配りのある装いのアクセサリーとされていて、一瞬の流行に流されない正当なアクセサリーとしてヨーロッパでは認識されています。たとえば、ペッカリー製のグラブなどは親子3代にわたり使用され、いまだに修理を依頼する顧客の方、それを受ける企業体制がROECKL社のこの長い歴史とそのプレステージ性を証明しています。
シルクのスカーフも生地、プリントなど多岐にわたります。そのコレクションは膨大ですが、すべてROECKL社のオリジナルプリントで、シーズンごとに変わります。
伝統的なヨーロッパ基準のクオリティー重視、優雅なブランドアクセサリー製品として比類なき高級な製品です。