Glenmac:グレンマック

Glenmac:グレンマック

スコットランド:フルファッション ニットウエアー

CHANEL Groupの一員で、最高品質のスーパージーロンラムズウールやカシミヤなどを使用し、その素材に見合った非常に繊細なリンキングや手作業による最終処理をしています。最大の取引先は、そのほとんどがヨーロッパのデザイナーブランドになりますが、20年来フランスが最大の主要マーケットになっています。
フランスといえばヨーロッパの中でも、ことニットに関して年齢を問わず、ほかの国よりもその普及率は高く、それゆえにニットを見る目は確かです。その中で、あくまでアンダーステイトメント的に見えない部分まで、こだわって作られているのがこのグレンマックで、ニットに関しての知識があり、なおかつ着こなしに本当の趣味性を持った方のためのニットです。
カットソーとフルファッションや、あるいは、ラムズウールとスーパージーロンラムズウールの違いを解らない方には、グレンマックはその価値が理解できない、単に値段の高価なニットになってしまいます。しかし、そのアンダーステイトメントが理解できる趣味性を持った方には、間違いなく10年以上その価値を楽しんで頂ける商品です。
市場ではよく輸入糸のブランドタグをセールス目的につけたニットも見かけますが、本当のスーパージーロンやカシミヤなど本当の高級糸はその素材を生かす、それ相応のニッティングの技術、ウエイトそして洗いも含めた仕上げが非常に大切とされています。そのトータルなバランスがフルファッションのニットの商品としての価格に見合う価値です。さもなければ、一般消費者にとってただ解りやすい点だけを売りにしたクオリティーの欠けた価格重視の製品になり、これなら機能重視のフリースの方が良いという評価なども出てきた理由だと思います。

機能といった点に関連して言えば、毛玉の出来ないニットはありません。グレンマックも表面の仕上げをきれいに仕上げ、ウエイトをつけるために、シングルの引きそろえで編みたてていますが、そのために毛玉は、はじめ出来やすいほうかもしれません。しかし、その最初の遊び毛の後、編地が現れてネットのようになるまで何の変化もなく自然のままの素材のよさが続き、変わらぬ風合いで着用していただけます。ぜひ、最低5年は着用してみてください。明らかに自然の素材感の違いがわかります。